検索
  • 淳 安井

確定申告をするためのコツ


もう一度おさらいを含めて確定申告のコツを5つお伝えします。

その1 青色申告で申告しよう

特にフリーランスの人は青色申告したがらない傾向が強いそうです。

「青色申告をすると税務調査が入りやすい」と考える人がいるとのことですが、全くそんな事実はありません。

税務調査が入るのは「数字がおかしいから」です。

真面目に申告している人にはそう簡単に調査は入りません。

むしろ、青色申告をした方が良いことがあります。

それは、利益から65万円を差し引ける「特別控除」を適用することができるのです。

控除を受けることで、税金の負担が数万円単位で減るのです。

多少の手間があってもやった方がいいと思いませんか?

ちなみに私は、報酬から源泉徴収10%を引いた金額を受け取っていますが、今年は確定申告で10数万円戻ってきました。

その2 必要経費が何か確認しよう

必要経費が何であるか、よく確認しましょう。

この「必要」の定義は判断が難しいところですが、仕事に必要な費用であれば計上できるので

賢く活用することができれば税金を抑えることができます。

仕事で使う文具、パソコン等が経費になるのは誰もが分かりますが、仕事に履いていく靴、ジャケットも経費になります。ジョギングのシューズやスゥエットスーツは必要経費にはなりませんので、お間違えのないように。

その3 「発生」タイミングで計上しよう

売上や経費は「発生」したタイミングで計上する必要があります。

例えばクレジットカードを利用した場合は、経費が発生するタイミングと支払のタイミングがずれますが、あくまで発生のタイミングを元に確定申告を行います。

その4 白色申告でも帳簿の保存義務が

2014年1月以後は、白色申告であっても所得金額にかかわらず、記帳と帳簿書類の保存が必要になりました。

記帳は日々の合計金額をまとめて記載するなど、簡易な方法でも良いとされていますので、面倒ぐさらず、きちんと記載しましょう。

その5 経費を一部否認することも必要

「否認」と言うのは除外をするということです。

例えば、売上が500万円なのに300万円が交際費として計上されていた場合、それがたとえ事実だとしても、あまりの金額に税務署もこれはおかしいと感じます。

このような時は一部自分で否認をすることができます。

その交際費の20%を経費から一部否認として除外すると、経費として計上されるのは240万円。

経費としての計上は実質減ってしまうデメリットはあるのですが、税務署からは「ちゃんと考えて確定申告をしているんだな」という印象をもってもらえるのです。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

会社を作る

人間は欲望の塊だと言われます。個人事業主としてスタートしてみると、次には従業員を採用し、会社にしたくなります。社長という言葉に惹かれます。 また、取引が拡大してくると、会社組織でないと取引をしてくれない企業もあります。一方、株式会社は1円の資本金でも設立できるようになり、法人設立のハードルは下がってきました。 会社というと、以前は”株式会社”か”合資会社”という区分しかありませんでしたが、最近は合

個人事業主のお金の管理

お金の管理方法:仕事用と個人用の口座を分ける 先ず、事業用の銀行口座を作りましょう。個人口座で全てを賄おうとすると、公私混同という問題が生じます。ですから、個人口座とは別に事業用口座を作る必要が生じるのです。 そもそも、個人であっても事業を営む者は、事業用の現金預金を個人用とは分けることが求められていて、帳簿には事業用のものだけが記載されていくことになっています。 さらに、通帳に記載されるお金の出

個人事業主でも雇用は可能か?

アルバイトを雇える? 個人事業でもビジネスが軌道に乗ってくると、当然人の手を借りる必要が生じてきます。 そうなると個人事業主という形態であってもアルバイトなどの従業員を雇うことができるかどうか気になるところです。結論としては雇うことができるのです。 しかし、一人アルバイトを雇うとなるとそれだけ事務の負担が多少増えてきます。その時に問題になるのが所得税と社会保険(厚生年金と健康保険)、労働保険(労災